偏差値45からの中学受験

4年生から浜学園に入塾。中学受験を意義あるものにするべく親子で奮闘。

平面図形(小5算数)

今回の算数は平面図形。しばらく図形の単元が続くようです。 見比べると、四年生では「チャレンジ問題」だったものが、五年生では普通にテーマ問題に出てきています。 なので、四年生の時より少し深くなり、少し新しい概念を取り入れたような感じです。 基本…

鎌倉時代(小5社会)

今回の社会は鎌倉時代 。 覚えなければいけないのは、 平清盛、源頼朝、源義経、壇ノ浦、征夷大将軍、鎌倉幕府、御恩、奉公、政所、侍所、問注所、守護、地頭、六波羅探題、執権政治、北条政子、承久の乱、後鳥羽上皇、北条義時、隠岐、御成敗式目、北条泰時…

9月公開テストの結果(浜学園)

先日の公開テストの結果。 算数と国語の偏差値が上がりました。 国語は55くらいで算数はやっと50超えました。理科と社会は40台。 国・算・理3科目は偏差値50。 算数が上がったのは親子ともに嬉しいです。短い夏休みではあったけど、夏期講習の算数…

4大気団と日本の天気(小5理科)

今回の理科は4大気団と日本の天気。 なんだか社会の単元みたいにも思えます。 なので仕組みを理解して覚えるしか無いと思います。 シベリア気団、揚子江気団、オホーツク海気団、小笠原気団は地名と連動させて覚えて、場所から暖気団か寒気団の判別、また「…

先日の公開テスト(浜学園)

先日の公開テスト、自己採点しましたが点数としては国語と算数が前回よりも上がりました。 相対的にはまだわかりませんが、難易度も前回とあまり差がないように思えるので、以前よりは多少良いかもしれませんが、今回もまだ真ん中くらいかと思われます。 算…

時計算とダイヤグラム(小5算数)

今回の算数は速さの単元4週目で時計算とダイヤグラム。 これもちゃんと名前付いているのですね。 どちらも基本の考え方が理解できれば難しくはないのですが、娘は苦手意識が先行して塾ではあまりわからなかったようです。 なので、娘と時間と角度についてデ…

平安時代2週目(小5社会)

今回の社会は平安時代2週目。 覚えなければいけないのは、武士団、棟梁、平将門、新皇、藤原純友、源氏と平氏、前九年合戦、後三年合戦、源義家、後三条天皇、荘園整理令、院政、上皇、白河上皇、鳥羽上皇、僧兵、延暦寺、興福寺、保元の乱、崇徳上皇、後白…

寒冷前線と温暖前線(小5理科)

今回の理科の単元は「天気記号・気団と前線」。 この単元は他と比べて難易度が低く思えます。 なので浜学園のテキストの問題も南中高度や気温の変化等、今までの単元内容を織り交ぜて難易度を調整しているようにも見えます。 天気記号はそのまま覚えるしか無…

結晶をつくってみた(小5理科)

ミョウバンで結晶を作ってみました。 というのも私自身勉強は嫌いでしたが、学校の体育、図工、理科の実験は大好きで割と記憶に残っており、娘にも理科の実験で「飽和」を長期記憶に残してやろうと思い立ってやってみました。 もちろん家に大学の研究室のよ…

通過算・流水算(小5算数)

今週の算数は速さの単元3週目で通過算、流水算。 こんな名前がついてるのですね。。。 まあ、ポイントは「速さ」をよくわからない公式に頼らず理解する(している)ことと、図を書いて問題を正確に認識することに尽きると思います。 娘は塾でよくわからなか…

平安時代(小5社会)

今回の社会は平安時代。 桓武天皇、長岡京、平安京、蝦夷、征夷大将軍、坂上田村麻呂、最澄・天台宗・比叡山延暦寺、空海・真言宗・高野山金剛峰寺、菅原道真、宋、高麗、荘園、不輸の権、不入の権、藤原氏、摂政、関白、摂関政治、藤原道長、藤原頼通、後三…

頻繁に雲をみるようになった(小5理科)

今回の理科は「風のふき方と雲のでき方」。 ここでのポイントは最低限の言葉は覚えなければいけませんが、風速を理解して計算問題ができることと、雲、風のメカニズムを理解して言語化できることだと思います。 特に雲、風のメカニズムは今までに勉強した膨…

奈良時代(小5社会)

今回の社会は奈良時代。 覚えなきゃいけないのは、平城京、和同開珎、班田収授法、口分田、租・庸・調、木簡、雑徭、衛士、防人、三世一身法、墾田永年私財法、聖武天皇、東大寺、大仏、国分寺、国分尼寺、阿倍仲麻呂、吉備真備、行基、鑑真、唐招提寺、天平…

速さの比と逆比(小5算数)

今週は速さの単元2週目となり、難易度は上がりました。 先週までの内容に加えて速さの「比」と「逆比」を考えなければいけません。 娘には難しいかったようで、塾から帰ってきて、一言。 「半分くらいわからんかった」 ということで、シンプルなポイントだ…

気温の変化と湿度(小5理科)

今回の理科は「気温の変化と湿度」の単元。 ここから数週は天気の単元が続くようです。 内容は気温、地温、太陽の高度の因果関係と湿度。 ここで一番重要なポイントは「湿度」を正しく認識して計算問題ができるようになることだと思います。 で、娘にはイメ…

飛鳥時代(小5社会)

今回の社会は飛鳥時代。 隋の中国統一、律令、蘇我氏の実権、推古天皇、聖徳太子、摂政、冠位十二階、十七条憲法、遣隋使、小野妹子、遣唐使、大化の改新、中大兄皇子(天智天皇)、中臣鎌足、蘇我蝦夷、入鹿、公地公民、白村江の戦い、大津宮、壬申の乱、大…

速さの単元(小5算数)

今回算数の単元は「速さ」で4週続きます。 比と割合同様に、一般的にはつまずきやすい単元かと思います。私は小学生のころ中学受験をしなかったこともあり、ちゃんと勉強する環境になかったので、速さは恥ずかしながら「き・は・じ」の図を使って、あまり考…

溶解度・濃度計算(小5理科)

今回の理科は「溶解度・濃度計算」の単元。 前回は「水溶液のこさ」、その前は「ものの溶け方」で3週にわたって、基本的には算数でもやってる食塩水の内容です。 今回は面積図で考える解き方の紹介がテキストには記載されていました。ここで習うのですね。…

8月公開テストの結果(浜学園)

先日の公開テストの結果。 いつもとほぼ変わりはありませんでした。 国・算・理3科目は偏差値50前後で、社会は40くらい。 成績なかなか上がらない。。。 難しいです。 にほんブログ村

先日の公開テスト(浜学園)

先日の公開テスト、自己採点しましたが点数としては国語が少し下がったくらいで、各科目とも前回とほぼ同じ。。。 相対的にはまだわかりませんが、難易度も前回とあまり差がないように思えるので、今回もまだ真ん中くらいかと思われます。 問題を見ていると…

日暦算の単元(小5算数)

今回の算数は日暦算の単元。 4年生の時もありましたが、その延長的な感じです。他の単元は考え方の含めて、この先、中学や高校の数学に親和性があるのですが、日暦算はなんだかここで完結しているように思えてしまうこともあり、算数の単元というより箸休め…

古墳を探す娘(小5社会)

週末にTSUTAYA限定で鬼滅の刃グッズが発売するので、娘はその中のマスクケースがどうしても欲しいそうで朝から買いに行きました。取り扱い店舗で一番近い天王寺のお店に行って目的のアイテムをゲットしたあと、帰りにあべのハルカスに展望フロアにも行きたい…

理科も食塩水の問題(小5理科)

先週、理科は「水溶液のこさ」の単元でした。 再結晶、ろ過、蒸発、蒸留なんかの実験に加えて食塩水の計算問題。 実験は一通り、流れと注意することを理解すれば簡単。で、食塩水の濃度問題は直近、算数で履修したところ。 カリキュラム的にちゃんと考えられ…

売買損益の問題(小5算数)

今回の算数は割合の最終で売買損益・商売の単元。 娘はちゃんと理解するのに時間がかかりました。 原価・仕入れ、定価、利益を理解して、値引きによる定価と実際の売値を認識する、大人にとってはごく常識的なことですが、初めて考えることであれば概念とし…

夏期講習(浜学園)

小学校の夏休み短縮に対応した浜学園の夏期講習が始まっています。 我が家では浜学園塾生必須の算数と国語のみ受講しています。というのも、コロナ休校中に自宅での復習が効率的であったことから、夏期講習は最低限にした方が良いと判断しました。 なので、…

四天王寺入試説明会(中学受験)

四天王寺中学の入試説明会に参加しました。 妻が申し込んでいたのですが、コロナの懸念から急遽zoomでの説明会となったので私も拝見しました。資料は自宅に配送されました。 HPでは見ていましたが、今回注目すべきは来年度からの新コース編成。 医志、英数S…

歴史分野に突入(小5社会)

今週から社会は歴史の分野に入りました。 地理分野の復習をしないといけないなと思っていたところ、浜学園は歴史と並行して地理分野の復習があります。 新単元の歴史と地理分野の復習1単元が毎週の復習テスト範囲になるようです。 で、今回の歴史単元は西暦…

食塩水の問題(小5算数)

先週の算数は割合の単元も終盤に差し掛かり、「食塩水」。 つまずきやすい単元の1つなのかなと思います。 娘に教えたことは2つ。 馬鹿らしいかもしれないけど、食塩水の入っている図を書いて食塩、水、食塩水を明確にして解くことと、それで解けないときは…

6、7月の成績(浜学園)

浜学園の6、7月の成績表をもらって帰ってきました。 今回は6、7月の復習テストと5、6、7月の公開テストの合算。 トータルで上位には違いありませんが、1位の子とは随分離された2〜10位までの団子集団の中。 1位の子はSクラスに上がったみたいで…

溶解度の計算問題(小5理科)

今回の理科は「ものの溶け方」の単元。 娘には難しかったようです。 大まかにはポイントは 2つ。 水溶液、溶解度、飽和について理科的な意味を理解することと、溶解度の表、溶解度曲線のグラフからの計算問題に慣れること。 娘がスタックしたのは溶解度曲線…