偏差値45からの中学受験

4年生から浜学園に入塾。中学受験を意義あるものにするべく親子で奮闘。

日暦算の単元(小5算数)


f:id:gallo777:20200806154951j:image

今回の算数は日暦算の単元。

4年生の時もありましたが、その延長的な感じです。他の単元は考え方の含めて、この先、中学や高校の数学に親和性があるのですが、日暦算はなんだかここで完結しているように思えてしまうこともあり、算数の単元というより箸休めの頭の体操みたいに思っていしまいます。

ま、倍数、規則性を考えないといけないので算数的ではあるようですが。。。

で、ポイントは ◯日後、◯日目、◯日間、◯日前、うるう年、曜日、1ヶ月の日数を正確に認識すること。

って言うとカレンダーの見方にたいになってしますが、倍数や規則性なんかの算数の要素がちゃんと必要です。

私も恥ずかしながら知らなかったのですが、うるう年は4年に1回だけではないルールがあります。

 

西暦の年数を100で割り切れるけど400で割り切れない年はうるう年ではない。

なので、2000年はうるう年ですが2100年はうるう年ではないみたいです。

算数的にベン図を書いて娘に教えはしました。

 

で、日暦の問題は割と難しいです。

 

問題:あるうるうの1月13日が金曜日だとすると、この歳に13日の金曜日は何回ありますか?

 

単純なようでわりと複雑です。

1ヶ月の日数は4種類あって、28日、29日、30日、31日。で、28日後は7の倍数だから同じ曜日になり、29日後は1曜日ずれ、30日後は2曜日ずれ、31日後は3日ずれるので、1ヶ月ごとの「ずれる曜日数」をカウントしなければいけません。

で、7の倍数分ずれる月が13日の金曜日

書き出すと1年で3回になるのですが、娘は「ずれ」は理解したのですが、後は根性で毎月の13日の曜日を書き出して解いていました。。。

出題者の意図は算数として7の倍数を考えて欲しいと思うのですが。。。


f:id:gallo777:20200806155016j:image

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

古墳を探す娘(小5社会)


f:id:gallo777:20200803092959j:image

 週末にTSUTAYA限定で鬼滅の刃グッズが発売するので、娘はその中のマスクケースがどうしても欲しいそうで朝から買いに行きました。取り扱い店舗で一番近い天王寺のお店に行って目的のアイテムをゲットしたあと、帰りにあべのハルカスに展望フロアにも行きたいと言い出したので寄り道。

で、展望フロアで娘は何かを探しているみたいだったので聞いて見ると古墳でした。

堺にある大仙古墳。

さすがにそこまでは見えないので諦めましたが、なぜ古墳かというと、浜学園の授業で習ったので見てみたかったとのこと。

現地に見に行くのではなく、上から形を見たかったらしいです。。。

 

で、家に帰って夜は社会の勉強することにしました。

今回は弥生時代古墳時代

稲作の伝来、弥生土器、青銅器、鉄器、身分と貧富の差の成り立ち、高床倉庫、吉野ヶ里遺跡、くにの成り立ち、倭の奴の国王、金印、卑弥呼邪馬台国前方後円墳、はにわ、副葬品、須恵器、大和政権、氏姓制度、ワカタケル大王、稲荷山古墳、江田船山古墳、朝鮮半島と中国、渡来人、磐井の乱、仏教の伝来、蘇我氏物部氏等々。

 

高校の日本史と同じくらいの内容なんじゃないかな。。。

歴史的にだけではなく受験勉強としても遺跡は重要で、そこで出土したものから文化や歴史を推測したような問題が良く出題されているみたいです。

 

で、浜学園のテキストに沿って、「ジュニア歴史資料」を見ながら娘と一通り流れを確認してから、問題に取り組みました。

 

「使い送って金印もらうのこの時の流行りやな」とぶつぶつ言いながら問題をこなしていました。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

理科も食塩水の問題(小5理科)


f:id:gallo777:20200731101318j:image

先週、理科は「水溶液のこさ」の単元でした。

再結晶、ろ過、蒸発、蒸留なんかの実験に加えて食塩水の計算問題。

実験は一通り、流れと注意することを理解すれば簡単。で、食塩水の濃度問題は直近、算数で履修したところ。

カリキュラム的にちゃんと考えられている感じです。

娘は「このまえやった算数やん!」と算数が追いかけてきたようで怒っていましたが良い復習です。

このまえがっつりやったので図を書いてちゃんとできていました。

 

で、算数の時にはなかった「てんびん法」が理科では出てきました。算数の食塩水の時、ネットをみているとよくでてきてたのに浜学園では習わないのかと思っていましたが、理科で習うのですね。。。

 

理屈を説明すると単純な「比」なので理解して問題を解いていましたが、ほっておくと忘れるのでしばらく間を置いてから復習させてやろうと思います。

 

今回は算数の良い復習になった感じです。

娘は何度も「ほとんど算数やん!」とぶつぶつ言いながらやってましたが。。。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

売買損益の問題(小5算数)


f:id:gallo777:20200729130658j:image

今回の算数は割合の最終で売買損益・商売の単元。

娘はちゃんと理解するのに時間がかかりました。

原価・仕入れ、定価、利益を理解して、値引きによる定価と実際の売値を認識する、大人にとってはごく常識的なことですが、初めて考えることであれば概念として難しいのかもしれません。

 

言葉の意味がわかっても問題になるとスタックするので慣れが必要でした。

まずは私と一緒に一通り、基本に忠実に線分図を書いて問題を解きながら慣れさせました。2回目は自力でトライさせましたが、基礎的ではあるもののちょっと複雑な問題は混乱。

例えば、

 

問題:ある商品を定価の1割引きで売ると100円の利益があり、250円引きで売ると50円の損になる。定価、原価はいくら?

 

のような問題。定価、原価、利益に加えて「損」が登場するのでそれぞれの因果関係をきちんと把握しなければいけません。また、2通りの値引きなので2つ線分図を書いて

考えなければいけません。

娘が理解するのにあれこれ試しましたが、ハマったのは、「問題文中の”ある商品”を具体的なものに置き換えて目の前に置いて考える」でした。

目の前に鬼滅の刃のキーホルダーを置いて、定価や原価、利益をブツブツ言いながら線分図を書くようになりました。問題を解くには全く関係ありませんが、具体的なものがあった方がイメージしやすいみたいです。


f:id:gallo777:20200729130719j:image

 

今回は夏期講習が始まって通常授業が1週休みで、いつもより復習テストまで時間があるので、Sクラスの宿題範囲までを4回解きました。

いまのところ完璧にできるようになりましたが、しばらくすると忘れると思うので、夏期講習後も復習させようと思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

夏期講習(浜学園)


f:id:gallo777:20200728113528j:image

小学校の夏休み短縮に対応した浜学園の夏期講習が始まっています。

我が家では浜学園塾生必須の算数と国語のみ受講しています。というのも、コロナ休校中に自宅での復習が効率的であったことから、夏期講習は最低限にした方が良いと判断しました。

なので、理科と社会は夏期講習をペースメーカとして、同じ単元を自宅で復習しようと思います。

理科は、水中の生物、太陽、月、星、熱、社会は九州、中国、四国、近畿、中部、関東、東北、北海道、気候、農業、水産業、工業の単元が講義内容。

先週は自宅にて、理科はメダカ、プランクトン、社会は九州、四国の単元を復習しました。

 

算数は受講してよかったと思っています。講義単元は、数の性質(公倍数、公約数等)、比、割合、文章題、食塩水、商売で、難しい単元で固めており、大勢の塾生のいる中でかなり良い復習になると思います。

先週は公倍数、公約数、比でしたが、娘が家で宿題しているのを見ると、忘れかけているものも多いようで、これどうするんやったっけ?とブツブツ言いながらやってました。

 

まだ夏休みじゃないけど、連休だったこともあり、変則的な夏休みが始まった気分です。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

四天王寺入試説明会(中学受験)

 
f:id:gallo777:20200727091313j:image

四天王寺中学の入試説明会に参加しました。

妻が申し込んでいたのですが、コロナの懸念から急遽zoomでの説明会となったので私も拝見しました。資料は自宅に配送されました。

 

HPでは見ていましたが、今回注目すべきは来年度からの新コース編成。

医志、英数S、英数コースの3つ、名前が変わっただけではありません。

医志、英数Sは1クラス、英数は4クラス。入学時、英数Sは医志と同じくらいの学力を要するとのことで、合格得点率は以下のようにイメージしているそうです。

 

従来の医志→医志・英数S

従来の英数Ⅱ→英数(併願)

従来の英数Ⅰ→英数(専願)

 

また、入学してからは医志と英数、英数Sと英数はそれぞれクラス変更可能ですが、医志と英数Sは不可。英数Sは海外大学進学も意識して英語にも力を入れ、新たなコースとしているようです。

 

あと特筆すべきは医志1期生が受験した今年の進学実績も好調で、国公立医学部医学科合格者数67名で全国4位だったこと(1位東海、2位灘、3位洛南)。

医志コース生だけが奮闘したのではなく、他のコースも引っ張られて検討しているようです。医志コースのようなレベルの高いクラスが学校に存在することは大きいと思います。

そんな医志コースと肩を並べる英数Sコースの設立によって、四天王寺自体のレベルがさらに上がるんだろうなと感じます。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

歴史分野に突入(小5社会)


f:id:gallo777:20200724190618j:image

 今週から社会は歴史の分野に入りました。

地理分野の復習をしないといけないなと思っていたところ、浜学園は歴史と並行して地理分野の復習があります。

新単元の歴史と地理分野の復習1単元が毎週の復習テスト範囲になるようです。

 

で、今回の歴史単元は西暦、世紀、年号、エンジン、原人、ホモ・サピエンス旧石器時代縄文時代古代文明

 

こんなの勉強したなーと思い出します。

ただ、私の記憶と中学受験のギャップは、時代・文化の証明にもなる遺跡について注目しているところです。

確かに入試問題にしやすいのかもしれません。

 

岩宿遺跡群馬県相沢忠洋打製石器を発見。日本にも旧石器時代があったことが明らかに

野尻湖遺跡(長野県)ナウマンゾウの化石

大森貝塚(東京都)エドワード・モース貝塚を発見

三内丸山遺跡青森県)大規模集落。

 

ま、娘にはどの遺跡が発見されたことでどの時代の何が明らかになったかを流れで話して理解させました。

氷河時代が終わり海水面があがり、日本列島が誕生したことから、かつて海岸線が内陸部にあったこと等、話の流れが必要なことは一通り話してからテキストの問題をこなしました。

浜学園で配られた資料集は「ジュニア歴史資料」で市販品かな。

ポイントは押さえていると思うので、毎回娘と話しながら活用しようと思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

食塩水の問題(小5算数)


f:id:gallo777:20200722141225j:image

先週の算数は割合の単元も終盤に差し掛かり、「食塩水」。

つまずきやすい単元の1つなのかなと思います。 

 

娘に教えたことは2つ。

馬鹿らしいかもしれないけど、食塩水の入っている図を書いて食塩、水、食塩水を明確にして解くことと、それで解けないときは線分図を書いて解く。

 

図は書かなくても良いのかもしれませんが、問題のなかで何がわかっていて、何を求めなくてはいけないかを確実に把握するためにそうしています。イージーミス防止も兼ねています。

この2つでだいたいの基本的な食塩水問題は解けると思いますが、ネットでみてると、応用的な問題は面積図や天秤を使わなければいけないかもしれません。

浜学園では今回は習っていませんが、そのうちでてくるのかな?

 

ま、今回はちゃんと理解して復習テストもちゃんと点数取れていたので良しとします。


f:id:gallo777:20200722141350j:image

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

6、7月の成績(浜学園)


f:id:gallo777:20200721142210j:image

浜学園の6、7月の成績表をもらって帰ってきました。

今回は6、7月の復習テストと5、6、7月の公開テストの合算。

トータルで上位には違いありませんが、1位の子とは随分離された2〜10位までの団子集団の中。

1位の子はSクラスに上がったみたいです。

1位の子との差はハッキリしていて、公開テスト平均で3回とも10点くらいの差がありました。

 

 

公開テストの偏差値をあげるしかないのですが、夏休み勝負かな。

 

で、別紙の社会は、単独の2位。

これは復習、公開テストともにもう少し上がれば1位に追いつくくらい背中は見えている感じなので良しとします。

 

 

いつもよりは短い夏休みですが、やれることは精一杯やろうと思います。

ま、主に公開テストの算数ですな。。。 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

溶解度の計算問題(小5理科)


f:id:gallo777:20200720100811j:image

今回の理科は「ものの溶け方」の単元。

娘には難しかったようです。

大まかにはポイントは 2つ。

水溶液、溶解度、飽和について理科的な意味を理解することと、溶解度の表、溶解度曲線のグラフからの計算問題に慣れること。

 

娘がスタックしたのは溶解度曲線の読み取り。


f:id:gallo777:20200720100853j:image

「ちょうど飽和している状態」、「飽和して溶け残りがある状態」、「まだものが溶ける余裕がある状態」の基本的にはこの3つしかないのですが、グラフからそれぞれの状態を読み取ることがイメージできませんでした。

理解すれば簡単なことなのですが、理解することが難しいようです。

あれこれと試しましたが、娘がやっと理解できた方法は、グラフの中の一点を「溶解度」「ものが何g」を書き出し、飽和しているかどうかを数字で確認することでした。

一番わかりにくいと思いますが、娘にはこれがしっくりきたようです。。。

 

溶解度の表、溶解度曲線のグラフが理解できれば、いままでと同様に水の量、溶けているものの量、温度によって変化する計算問題をこなすだけ。

ここからは娘もスムーズにできていました。

ほとんど算数の問題。

ちゃんと図を書いて、比例を使ってちゃんと解いていました。


f:id:gallo777:20200720100836j:image

途中で溶けきれずに結晶化した物質を取り除いたりと応用的な問題は難しく、つまずくと理科自体が嫌になるかもです。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

国語の文法(小5国語)


f:id:gallo777:20200717105312j:image

今回の国語は文法の単元で敬語でした。

 尊敬語、謙譲語、丁寧語をしっかり分別して理解しなければいけません。

とはいうものの娘に教えようとしている私自身の日本語も怪しいものです。

そもそも大多数の日本人は正しい日本語を使っていないのかもしれません。

日本語って難しいですよね。

 

で、今回娘に教えたポイントは2つ。

主語が自分と身内、動物なら敬語はへりくだって謙譲語、主語がそれ以外の第三者なら敬って尊敬語、それ以外の丁寧なだけなのは丁寧語に分類することと、それぞれの特別な表現(おっしゃる、まいる等)を覚えて使い分けできるようにすること。

 

この2つをなんとなくではなく、明確に分類して理解させてから、問題をこなしました。

娘は本も読むしテレビもよく見るので、敬語はなんとなくわかっているようで簡単に問題もできるようになりました。今回の単元で敬語をあらためて整理整頓した感じです。

そういえば娘が敬語を使っているのを一度も聞いたことがないので、いつものように日常に組み込む試みをしました。

 

私:じゃ、パパに「今日は何してた?」って敬語使って聞いて。

娘:パパに敬語使いたくないからイヤ。しーへん。

私:・・・

 

諦めました。。。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

7月公開テストの結果(浜学園)


f:id:gallo777:20200716130753j:image

先日の公開テストの結果。

前回とほぼ変わりはありませんでした。

国・算・理3科目は偏差値50前後で、社会は40くらい。

成績をあげるの難しい。。。

気持ちを切り替えて、夏休みで公開テストの成績を上げるべく復習に取り組みます。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

地理はもう最終単元?(小5社会)


f:id:gallo777:20200715142002j:image

今回の社会は「日本と世界の人口」の単元。

どうやら次回から歴史の分野に入るようです。

まだ地理のテキスト続きがあり、日本の各地方が残ってるんだけど自分でやるのかな。

 

で、今回は世界人口の推移、分布、人口密度、人口問題、人口ピラミッド、日本の人口、都道府県の人口、産業別人口、過密と過疎、ドーナツ化現象都心回帰現象、限界集落少子化と高齢化、日本の人口問題等々。

 

ここのところ、割と最近の世の中のことに触れる内容が多く、受験勉強をさせているというより、世の中のことを理解させているという感じで、素晴らしいことだと思っています。

親としてはこういった学習の機会を与えてくれたことをありがたく思います。

 

で、やはりここは覚えることよりも世の中の流れを理解させるのが大切だと思うので、なぜ日本の人口ピラミッドはこうなっているのか、今後も起こりうる問題は何なのか、なぜ富士山型、つりがね型、つぼ型になるのか、人口過密と過疎の原因は何なのか等々、私が話せることをできる限り簡単に話して、一緒に思考することに時間を使いました。

 

浜学園のテキストにでてくるこの分野における実際の入試問題でも、知識を問うというより思考させる要素が強いような気がします。

環境問題もそうですが、私が社会の入試問題をつくるならこの分野を入れると思います。というのも、そもそも世の中の問題を考える、理解することは大切であり、生徒、子供においては、世の中の流れを理解して、たくましい人に育って欲しいと切に思うからです。

 

最近、浜学園の社会の影響か、娘はテレビでニュースや報道特集をみるようになりました。と言っても、私が見ている横でゲームしながらですが。

社会で勉強したことがテレビででてくると気にはなるようです。

ただ、

 

なんでやねん!

そんなんあかんやん!

そーなんや。。。

 

と、テレビに向かってしゃべるようにもなりました。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

酸化の化学式(小5理科)


f:id:gallo777:20200714120907j:image

今回の理科は「ものの燃焼」の単元でした。

ポイントはものが燃えることを理科的に捉えることにつきます。

理科として、燃焼の3条件である、

①燃えるのもがあること

②発火点以上の温度になること

③新しい空気(酸素)があること

を覚えて、起こっている現象に当てはめる訓練は必要かもしれません。

例えば、

焚き火に水をかけると火が消えるのは→②

アルコールランプの火をふたをかぶせて消す→③

のように問題をこなしました。

また、「燃焼」とは、「ものが熱や光を出しながら酸素と激しく結びつくこと」と理科特有の表現です。

で、それを理解したうえで言葉の化学式を覚えなければいけません。

例えば、

水素を燃やすと、

水素 + 酸素 = 水(水蒸気)

アルコールを燃やすと、

アルコール + 酸素 = 水 + 二酸化炭素

と覚えます。で、ここ数週間継続している、化学式からの計算問題ももれなくついてきます。

反復は大切ですね。

 

で、浜学園では「言葉の化学式」としていますが、ここまでくればもう普通の化学式を教えても良いんじゃないかと思います。

というのも、例えば、

水素 + 酸素 = 水(水蒸気)

という言葉の化学式も

2H2 + O2 = 2H2O

と普通の化学式の方が、記号的にも何ができるか想像しやすく、覚えやすいとも思います。ただ、直感的に娘が拒否反応するとこの先まずいので、それとなく化学式の合理性を理解させるようにしました。

 

例えば、

炭素を燃やすと何ができる?

燃やすということは炭素が酸素と結びつく。で、炭素は化学式でC、酸素はO2。

この2つをくっつけるとCO2。これは酸素が2つくっいた炭素だから二酸化炭素

 

記号を紙に書きながらお話として聞かせました。

覚えなきゃいけない化学式も5つくらいだったので問題なく理解して覚えました。

今後も化学の単元で物質がでてきたら、それとなく化学式を説明の時、記号みたいに書いて擦り込んでいくつもりです。

で、本を読んでたら習っていない漢字も知らないうちに覚えるように、化学式もいつの間にか理解して知っているようにしてやろうと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

先日の公開テスト(浜学園)


f:id:gallo777:20200713090815j:image

先日は公開テスト。

1ヶ月経つのは早いですね。

で、自己採点しましたが、点数としては各科目とも前回とほぼ同じでした。。。

ある意味器用です。

相対的にはまだわかりませんが、難易度も前回とあまり差がないように思えるので、今回もまだ真ん中くらいかな。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村